出会いの技術 女性の気持ち

なかなか直アドを教えてくれない女の子

更新日:

直アドとは?

直アドというのは、出会い系サイトを介してではなく直接メールのやり取りをするために必要なアドレス、つまり、携帯等のメールアドレスのことを言います。

出会い系サイトで出会う場合、最初はサイト経由のメールからスタートします。サイトを介したメールであれば、変な人にアドレスを知られてネットストーキングされたり、悪質な企業に個人情報が流れてスパムメールが来たりする、というような心配がいりません。
そのため、ほとんどの出会い系サイトでは最初はサイト経由でのメールからメール交換がスタートします。
そして、 サイトでメールしていて気が合うことや相手が安心できる人間だと判断できた段階で直アドを交換して、携帯等での直接メールに移行するのです。
アドレス交換のやり方については、メールアドレスの交換方法メルアド交換のやり方などで説明しています。

直アド交換の必要性

出会い系サイトにもいろいろあります。

毎月定額の料金を払うとプロフィールの閲覧やメールの送受信がいくらでも出来る「定額制出会い系サイト」

掲示板の書き込みや女性のプロフィールを見る時、メールを送信する時などにポイントを消費し、そのポイントを1ポイント当たり10円程で購入しなくてはならない「ポイント制出会い系サイト」。(ワクワクメールミントC!JメールPCMAX(R18)等)

利用するのに一切料金はかからない「無料出会い系サイト」
※ただし、無料サイトに登録すると高額な料金設定の有料サイトに自動登録される所が多く、悪質なサイトが多い(というかほとんどが悪徳)ので注意が必要。

等です。

これらの中で、定額制サイトと無料出会い系サイト は直アド交換をする必要はありません。サイト内でいくらメールしてもコストは変わらないのですから。
デートする時にすっぽかされたりしないように、保険の意味で直アドを聞くくらいです。

これに対して、ポイント制出会い系サイトはある程度メールをしたら直接メールするようにしないと、ポイント=お金がどんどん消費されていってキリがありません。出会い系サイトの中ではポイント制出会い系サイトが競争率や女性会員の数から考えて一番出会えるのですが、ここが大きなハードルだといえます。
私はポイント制出会い系サイトを利用する場合には4通目から8通目くらいの間で直アドを聞くことを勧めているのですが、慣れないとこれがなかなか難しいようです。

早めに直アドを聞く方法については無料で出会う方法早めに直メするにあるので参考にしてみてください。

なかなか直アドを教えてくれない女の子について

ポイント制出会い系サイトを利用していて、聞いてもなかなか直アドを教えてくれない女の子に当たる場合があります。
確かに、会った事もない人にメールアドレスを教えるのは不安なものですが、メールである程度話をして仲良くなったのに直アドを教えてくれない女の子は考えものです。

ここで直アドを聞いてもなかなか教えてくれない女の子 には2つのパターンが考えられます。

一つは、直アドを教えるのを極度に心配している場合。
それ以前に直アド交換をしたけど、男がストーカー気質で女の子が断ったのにしつこくメールしてきた、等の怖い経験があるとそうなりやすいです。
そういう女の子には無理強いするのではなく、サブアド(例えばyahoo!、hotmail等のフリーアドレス)でメール交換することを提案してみましょう。
機械が苦手な女の子の場合、サブアドを知らなかったりうまく設定できなかったりしますが、そういう場合には男性の側で詳しく説明したり、サブアドを作ってあげても良いと思います。そこで男らしさをPRできるかも知れません。

直アドを教えてくれないのはサクラの可能性あり

直アドをなかなか教えてくれないもう一つの場合は、ズバリ、サクラやキャッシュバック会員です。
サクラやキャッシュバック会員はサイトから出てしまうと、ポイントを稼ぐ事が出来ないので、決して直アドを教えようとはしません。
「怖いからアドレスは教えたくない」「アドレスは会ってから教える」等と言って拒否します。

悪質なサクラになってくると、直アド交換の話にの乗っているように見せかけて、「やっぱり怖いから嫌だ」「アドレスが文字化けして送信できない」 といって結局教えなかったり、「アドレスは明日教えるね」→「ごめん、忙しくてメールできなかった。また今度送るね」等と理由を付けて変に引き伸ばしたりします。

サクラに対しての対応は”分かった時点でもう一切メールしない”。これに尽きます。
変に引き伸ばされたり、はぐらかされたりしたらサクラだと判断してもうメールを送らないようにしましょう。

サクラかどうか判断が微妙な場合

女の子が直アドを教えてくれない場合、本物の女の子とサクラの2パターンがあるのですが、たまにどちらか判断できない場合があります。
「怖いからもう少しメールしてから」と言ってくる場合などがそうです。

その場合、本物の女の子である可能性も捨て切れませんが、私はもうそこでスッパリメールをやめてしまうのをお勧めします。
本物の女の子だったとしても、それからどれだけメールをしたらアドレスを教えてくれるか分からないし、そこまでガードの堅い女の子だとデートするのにも相当苦労するのが目に見えています。
また、サクラだった場合はどんどんポイントを使ってしまって、目も当てられません。

どちらにしても、会えない若しくは会うのにかなり苦労するのが分かっているのですから、そこで他の出会いを探した方が賢いと考えます。
うまくいくと、その女の子に使うはずだったポイントで、複数の女の子のメアドをもらうことが出来るかもしれないのです。

出会い系では直アド交換をするまでは、ある意味シビアに考えてメールした方が出会いには近づけると思います。

なお、サクラはこちらがメールをやめた後もしつこくメールしてくる場合がありますが、それには絶対に返信しないようにしましょう。
そういう一方的なしつこいメールが来た場合は、サクラ確定なので判断しやすいといえばそうですが。

-出会いの技術, 女性の気持ち
-, ,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.