出会いの基礎知識 出会いの技術 悪徳出会い系サイト

キャッシュバッカー対策

更新日:

キャッシュバッカーとは?

キャッシュバッカーとは、ポイント制の出会い系サイトでキャッシュバック目的などでメールをしている女性会員のことです。

出会い系サイトを利用していて、サイト内のメールではすごく話も盛り上がって仲良くなって、エッチな話などもしているのに、いざメールアドレスを聞くと絶対に教えてくれない、という経験をしたことがある男性もいらっしゃると思います。
その場合、あなたがメールをしている相手はキャッシュバッカーの可能性が高いです。

ポイント制出会い系サイトの中には、女性が男性と活発にメールをするようにキャッシュバックや商品のプレゼントするなどのシステムを採用している所があります。
女性はその出会い系サイトで男性とメールのやり取りをすると、メールの数に応じたポイントをもらうことができ、そのポイントがある程度貯まると現金に交換してキャッシュバックできたり、ブランドバッグなどの商品と交換することができます。
そのキャッシュバックや賞品欲しさに、ポイントを集めるためだけにメールをする女性がキャッシュバッカーです。

なお、ワクワクメールハッピーメール<18禁>など、当サイトで紹介している大手の出会い系サイトではキャッシュバック制度はないのでキャッシュバッカーはいません。
これらのサイトを利用していれば、キャッシュバッカーの心配をする必要は一切ありません。

キャッシュバッカーとは会えない

キャッシュバック目的の女性は、出会い系で出会うことが目的ではないので、いくらメールで仲良くなっても実際に会うことはできません。全く違う地域から住んでいる所を偽ってメールしている場合もあるので、物理的に会うことがかなり難しいという場合もあります。

また、その出会い系サイト内でメールをしないとポイントがもらえないので、キャッシュバッカーはメールアドレスを教えてくれません。
どんなに仲良くなっても、メアドを聞くと、「もっと仲良くなってからね」「怖いからアドレスは教えたくないの」みたいな言い訳をして、絶対にメアドを教えません。
「会ったらその時教えるね」みたいに期待を持たせるキャッシュバッカーもいますが、実際に会うことはないので結局メアドを聞くことはできません。

更に、実は女性ではなくて、女性を偽っている男性がメールをしている場合もあります。この場合、相手は男性なのでデートすることはできません。
男性は同じ男の気持ちがよく分かるので、絶妙なメールでポイントを稼ぐので要注意です。

もちろん、メールアドレスを教えてくれない女性が全員キャッシュバッカーだとは言えません。
本当にメルアドを教えるのが怖い女性もいますし、かなりじっくりメールして相手のことを十分理解してからメルアド交換して会う、という真面目な女性もいますから。そういう人は特に結婚相手や彼氏を探してている真面目な出会い希望の女性に多いです。
ですが、今にも会えそうな話やエッチな話をしていながら、アドレス交換を拒む場合、キャッシュバッカーの可能性がかなり高いと言えます。

サクラとキャッシュバッカーの違い

キャッシュバッカーと似たものに「サクラ」があります。
サクラは、出会い系サイト運営会社が会員の男性にポイントを使わせるために、人を雇って男性会員をメールをさせることをいいます。また、そのメールをするために会社に雇われた人をサクラという場合もあります。

サクラは会社が雇った人間で、会社の設置した事務所の一室で他のサクラ要員と机を並べて男性からのメールに対応しています。正社員ではなく、アルバイトでサクラをしている場合が多いようです。
アルバイトの場合は、どれだけ男性とメールしたかという歩合制で給料が変わる場合もありますし、時給制のところもあるようです。
うまく男性を騙すためのマニュアルも当然あって、サクラ部隊はそのマニュアルに沿って男性とメールをしています。
サクラのレベルが高い会社では、女性キャラクターの設定がいくつもあって、その設定にそってメールするので違うアルバイトが同じ男性とメールしても、話がうまく合うようになっています。
その会社の事務所から全国の男性会員に対応しているため、その地域の情報には弱い面もありますが、ネットなどで地域の情報収集をして対応しているようです。

それに対して、キャッシュバッカーは出会い系サイトの運営会社とは関係がない素人です。
運営会社との雇用関係がなく給料をもらったりはしていませんが、ポイントを集めることでお金が振り込まれたり、賞品をもらったりしています。
マニュアルはありませんが、経験と勘で男性をうまくだます方法を身に着けていきます。テクニック的にはサクラの方が上手という感じでしょうか。
ですが、キャッシュバッカーは女性がやっていることが多く、出会い系で遊んだ経験がある場合も多いので、うまい女性はかなりうまく騙す場合もあるようです。
また、キャッシュバッカーは自分の地元の掲示板で相手を探す場合も多いので、そういう場合は地域の情報に強く、地域ネタで見破るのが難しくなってきます。

サクラは事務所に出勤してメールする場合が多く、そのため夜遅くメールすると返事が来なかったりします。
しかし、キャッシュバッカーは個人なので、夜遅いメールにも返信します。

サクラは会社が雇っているので、実際に会うことはできません。事務所が遠隔地の場合には会うことは物理的にも無理です。
ですが、キャッシュバッカーは個人でやっているので、本当に気に入った男性なら会うことが、かなり稀ですがあります。
サクラとキャッシュバッカーは騙される男性としてはほとんど変わりませんが、キャッシュバッカーの場合会える可能性が0ではないというところは違います。

キャッシュバッカーへの対策

キャッシュバッカーへの対策は、「メールしない」ということしかありません。
そのためにはキャッシュバッカーを見破らなくてはなりませんが、出会い系初心者の方にはなかなか判断が難しいと思います。
ですが、キャッシュバック目的の女性にはいろいろな特徴があるので、それをもとにできるだけ早く見破ってください。キャッシュバッカーの見破り方はキャッシュバッカーとはで詳しく説明しているので、参考にしてください。

メルアドを教えてくれない、というのがキャッシュバッカーを見破る一番重要なポイントです。
上でも説明しましたが、会う話やエッチな話を持ち出すのにアドレスを教えない女性はほぼ確実にキャッシュバック目的だと考えて間違いありません。
真面目な出会いを探していて、話の内容も真面目で奥手な女性の場合には少し待ってみてもう一度聞いてみるのもいいかも知れません。
また、LINEなどを使ってメールしてみるのもいいと思います。

メールを絶対に送らない

メールしている相手の女性がキャッシュバッカーだった場合、そこでメールするのをキッパリとやめて下さい。
相手はキャッシュバッカーなのですから、断りのメールは要りません。その分相手にポイントを稼がせてしまうことになります。
これまで騙された腹いせに、罵倒するメールを送ったりするのも辞めましょう。懲らしめるどころか、ポイントを稼がせてしまって徳をさせてしまうことになりますから。

キャッシュバッカーはサクラほどではないですが、男性会員を騙すすべに長けています。
返信を返さないと、「なんでメールくれないの?」「嫌われちゃったのかな?私はあなたのこと好きなのに・・・」「ごめんなさい。でも、ずっと返事待ってます」みたいな、メールを送ってきてまたメールをもらおうとします。
しかし、こんなメールに騙されてはいけません。
そのサイトに相手を無視する、みたいな機能があればそれを使うのが一番です。

その相手の女性がキャッシュバック目的なのか、普通に出会いを求めている女性なのかを100%見分けることはできません。
いくら怪しくてキャッシュバッカーの特徴に当てはまっていても、それまで楽しくメールをしてきた女性を疑って、メールの返信をしないというのは難しいかも知れません。相手のことを好きになりかけていた場合など、尚更だと思います。
ですが、怪しいと思える相手は、ほぼ100%キャッシュバッカーかサクラです。
ですから、キャッシュバッカーの可能性が高いときには、覚悟を決めてその相手とのメールを一切やめて下さい。
そして、次の出会いを探しましょう!

最強のキャッシュバッカー対策

以上、キャッシュバッカー対策を紹介してきましたが、一番いいキャッシュバッカー対策はキャッシュバックの制度がない出会い系サイトを利用することです。

人気がある出会い系サイトでは女性会員も多く、男女間で活発なメールのやり取りが行われるため、キャッシュバックや景品を餌にして女性にメールさせる必要はありません。
そういう怪しい仕組みがあると、悪評が広まって逆に男性のサイト利用者が減ってしまいます。

ですから、当ブログで紹介しているワクワクメールハッピーメール<18禁>などの出会い系サイトを利用していれば、キャッシュバッカーの心配はありません。

-出会いの基礎知識, 出会いの技術, 悪徳出会い系サイト
-, ,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.