出会いの技術 出会いメール書き方 女性の気持ち 恋愛情報

デートの誘いの成功率を33%上げる方法

投稿日:

出会い系でデートに誘う

出会い系では女性をデートに誘うのが第2の山場になります。(第1の山場はメールアドレス交換です。)
出会い系サイトで女の子と知り合って、仲良くなってメールアドレスを聞いて楽しくメールしていても、デートに誘うことができなければ、付き合ったりエッチしたりセフレにしたりという出会いの目的は達成できません。

そして、出会い系では会ったことがない者同士がメールという顔の見えないコミュニケーション手段で交流しているので、実際に会うというのは不安に思うのが当然です。男性でもそうなのですから、女性はなおさらです。
特に出会い系でデートしたことがない女性を初めてのデートに誘うのはなかなか難しいです。
出会い系でデートに誘う方法デートに誘う例文でもデートに誘うためのテクニックをご紹介していますが、信頼関係を作って女性の警戒心を解き、女性がOKしやすい誘い方を工夫する必要があります。

心理学を応用してデートに誘う

出会い系での出会いに限らず、恋愛などの人間関係では心理学に基づいたテクニックが有効です。
今回は心理学を利用して、出会い系でのデートの誘いの成功率を33%上げる方法をご紹介します。

ハーバード大学の心理学教授のエレン・ランガーが行った実験に「コピー機の心理実験」というものがあります。
これは、コピー機の順番待ちをしている列の先頭の人に3通りの言い方で自分に先にコピー機を使わせてくれるように頼む、というものです。
その言い方は以下の3通りです。
1)用件のみ伝える 「すいません。先に5枚コピーさせてもらえませんか?」 
2)本当の理由を伝える 「すいません。急いでいるので先に5枚コピーをさせてもらえませんか?」
3)それっぽい嘘の理由を伝える 「すいません。コピーを取らなくてはならないので、先に5枚コピーをさせてもらえませんか?」

 この実験の結果、1の場合コピー機を使わせてくれた人は60%でしたが、2の場合には94%と34%も増加、3の場合にも93%の人が順番を譲って先にコピー機を使わせてくれました。
それからコピーする枚数を5枚から20枚に増やして同じ実験を行ったところ、1は24%、2は42%、3は24%という結果になりました。

この実験から分かるのは、人に何か頼みごとをする時には単に「○○してください」と頼むよりも、何か理由を付けて頼むと承諾してもらえる確率が上がるということです。コピーの枚数を増やして承諾しにくい状況にしても、理由を付けるとより承諾しやすくなっています。
その理由も本当の理由だけでなく、もっともらしい嘘の理由でも承諾してもらえる割合は上がります。もっとも、より真に迫った嘘っぽくない理由の方がこじつけの理由よりも成功率は上がりますが。

この、頼みごとをする際に理由がある方が承諾しやすい心理現象をカチッサー効果と言います。
(カチッサーとは、テープレコーダーの再生ボタンを押した際の「カチッ」「サー」から来ています。)

カチッサー効果を利用してデートに誘う

このカチッサー効果を利用して出会い系で知り合った女性をデートに誘ってみましょう。
具体的にはデートに誘う際に、何か理由を付けて誘います。理由を付けてデートに誘うことで、こじつけの理由であっても成功率は33%上がるはずです。

例えば、「観たい映画があるからデートしようよ」「あのお店のパスタが食べたいからご飯食べに行こうよ」「夜景を撮りたいから、夜景観に行こうよ」みたいな感じで誘います。
この付け加える理由は本当の理由の方がより成功率は上がります。デートに誘う前のメールの段階で、映画が好きでこの映画が見たいとか、イタリアンが好物でいいお店を見つけた、カメラが趣味、みたいな前ふりをしておくと、より真に迫った理由になって成功率が更に上がるでしょう。

理由がない場合にはこじつけの理由でも構いませんが、本当の理由や、より本当っぽい理由の方が成功率は高くなります。 
どうしても理由が考え付かない場合には、ただ「会おう」と誘うより、「君と会ってみたいから、会おう」の方がいいと思います。

デート以外に応用する

デートに誘う場合以外にもカチッサー効果は利用できます。

例えば、メールアドレスを聞く場合です。
ただ「メールアドレス交換しよう」 と誘うより、「もっとたくさんメールしたいから」「出会い系サイト内のメールだとメールをずっと保存できないから」「サイト内だと文字数制限があるから」「もっと仲良くなりたいから」「緊急連絡のために」などの理由を付けてメルアド交換を持ちかけた方がうまくいきます。

電話番号を聞くときにも、「声を聞いてみたいから」「もっと君のことを知りたいから」「大事な話があるから」「モーニングコールしてあげたいから」のような理由を付けると教えてもらいやすくなります。

写メ交換をする時にも、「待ち合わせの時に分かりやすいように」「○○に似てるっていうのが本当かどうか見てみたい」「どんな髪型か見てみたい」「自分の服のセンスを見てほしい」みたいな理由を付けられます。

これらの理由は唐突に言うよりも、その前のメールから前ふりをしておく方がより真実味が出るので成功率は高くなります。

もうすぐクリスマスですが、心理学テクニックをうまく利用することで出会いのチャンスも増えます。
この時期なら、「イルミネーションを見たいから」とか「プレゼントを選びに」等の理由が使えます。「クリスマスだから」という理由でさえ許される、それがクリスマスです。
クリスマスは告白の成功率も上がる ので、出会いを楽しんでください。

-出会いの技術, 出会いメール書き方, 女性の気持ち, 恋愛情報
-, ,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.