出会いと犯罪 出会いの基礎知識 出会い系サイト情報

ネットストーカー対策

更新日:

出会い系のネットストーカー

出会い系サイトを利用していると、稀にネットストーカー(サイバーストーカー)の被害に遭うケースもあるようです。
ネットストーカーの被害に遭うのは女性が多く、男性である私管理人はまだネットストーカーに遭遇したことは一度もありません。もうかなりの年月出会い系サイトを利用しているのですが・・・。

ネットストーカーの被害は、主に一方的にメールを送りつけてきたり、掲示板などに誹謗中傷を書き込んだり、個人情報を探ったりというものです。
当ブログでご紹介している出会い系サイトは、全てメールアドレスを相手に知られずにサイト内だけでメールのやり取りができ、接触したくない相手に対してはブロックすることができるので、サイト内だけでやり取りしている段階であればネットストーカーの被害に遭うことはあまりないと思います。

ですが、メールアドレスを教えてしまうと直接メールが送られてくるので、相手からのメールを防ぎにくくなります。
ですから、相手にメールアドレスを教える前に十分メールのやり取りをして、相手の性格などがある程度分かってからメールアドレス交換をすることが重要です。
また、携帯などのメールアドレスではなく、いつでも処分できるフリーメールを使うのもいいと思います。

 ストーカーの特徴

ストーカーになりやすい人には特徴があります。
出会い系サイトを利用していてこの特徴に当てはまる人がいたら、あまり接触しない方がいいかも知れません。

ストーカーになりやすい人には、メールの頻度がやたら多かったり、見栄っ張りで嘘つきだったり、知ったかぶりをしたり、友達がいなかったりします。
他にもストーカーの特徴はいろいろありますが、上に挙げたものは出会い系のメールやプロフィールなどで判断できるので、覚えておくといいと思います。

例えば、プロフィールで「起業を目指している」とか「人脈が広い」「自分は力がある」みたいなことを書いている人は見栄っ張りなので危険です。
また、メールをしているうちにプロフィールに書いてある事が嘘だと分かることもあります。こういう嘘つきの人も危ないです。
メールの中で友達が多いかどうか聞いてみるのもいいと思います。メールで友達の話が全くでない場合も注意です。

ネットストーカーの対策

ネットストーカーに限らずストーカーに遭遇したら、一切の接触を断つのが一番基本的な対策です。
ストーカーは嫌われたり拒否されたりという相手からの接触をプラス方向にとらえて、「自分のことを気にかけてくれている」と思ってさらにストーキングをエスカレートさせます。ですから、「もうメールしないで」とか「誹謗中傷をやめて」みたいなメールは逆効果です。

そうではなくて、「もうあなたとは一切接触するつもりはない」という事務的なメールを1回だけ送って、それ以降一切の接触を断ちます。
それ以降もしつこくメールなどしてくる場合には、サイト内でブロック設定したり、一時的にそのサイトを退会するのもいいと思います。

なお、出会い系サイトの中でもワクワクメールミントCJメールPCMAX(R18)はサポート体制が特にしっかりしています。これらのサイトはネットストーカーにも遭いにくいと思います。

-出会いと犯罪, 出会いの基礎知識, 出会い系サイト情報
-

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.