出会いの基礎知識 出会いの技術

メールの頻度と本気度

更新日:

メールの頻度が低いと本気じゃない?

相手からのメールの頻度が低い(メールの回数が少ない)からといって、相手が自分のことに興味がないと思ってはいませんか?
必ずしもそうとは限りません。

出会い系のメールの頻度で説明しましたが、男女間のメール交換では人それぞれメールをするペースというものがあります。
暇があればメールを送るという人はメールを読んだら短文のメールをすぐに返信してきますし、1日1通のペースで長文のメールをじっくり書いて送ってきます。暇な時間に集中して会話の様にメールする人もいます。忙しくて毎日メールできないためメールの間隔が空いてしまう人も当然います。

ですから、相手からのメールが1日1回しか来ないからといって、相手は自分に興味がないのではないかと考える必要はありません。
最初から同じペースでメールが続いているようであれば、出会い系メールの頻度で説明したように頻度をキープしつつ安心してメールのやり取りを続ければいいと思います。
これは出会い系などのネットの出会いでも、職場や友人関係、合コンで知り合った男女関係などのリアルの出会いでも同じです。

※以下で男性を対象として書いている部分がありますが、女性の場合も全く同じです。

メールの頻度が落ちたら注意

ですが、相手からのメールの頻度が落ちてきたときには要注意です。
それまで1日1回は必ずメールの返信が来ていたのにある日を境にメールの間隔が空くようになって、2~3日に1回しか返信が来なくなった。
それまでは毎日夜2時間ぐらい短いメールのやり取りを2時間くらいしていたのに、最近はメールのラリーをしなくなって、1日2通くらいの返信しか来なくなった。

こういう場合、相手に気持ちに何らかの変化がある場合が多いです。
ある日を境に急にメールの頻度が落ちた場合、その前の日辺りに何かあった可能性があります。
出会い系などネットの出会いの場合には、実際に会ってデートした次の日から急にメールの間隔が空くようになることもよくあります。これは実際会ってみたら思っていた感じと違っていたのでがっかりして気持ちが冷めた、というケースです。
ネットの出会いではなくてリアルの出会いでも、デートした際に何かあって気持ちが盛り下がることはありますし、メールの中で何か気に障ることを書いてしまって相手の気が変わることもよくあります。
これらの二人の間で何か原因がある場合には、メールの間隔が空くようになった時点の付近の出来事を考えると、原因が分かります。そのことに対して謝ったりすることで関係回復できる場合もあります。

メールの間隔と本気度

ですが、原因が二人の間にない場合には対応が少し難しくなります。
特に出会い系などのネットの出会いに多いのですが、別にもっといい相手が見つかってそちらに気持ちが移ってしまってメールの頻度が下ることがあります。
出会い系サイトに登録していると、常に他の異性からのアプローチがあります。特に女性にはたくさんの男性がメールしてきます。ワクワクメールミントCJメールPCMAX(R18)などの人気出会い系サイトは利用者の数が多いので、男性でも女性でも結構メールがもらえますからね。
そのため、特定の相手とメールしていても、また別の異性からメールが届きます。
新しくメールをくれた人が今のメール相手よりも魅力的だった場合、まだ付き合ったりしていない段階ではそちらに気持ちが移っても仕方ありません。
他の人に気持ちが移ると、その相手とのメールに忙しくなり、以前のメールの相手とのメールのペースが自然と落ちてしまうことになるのです。

そして、更にメールの頻度が下がっていって、ついにはメールの返事が来なくなってしまいます。
こうなってしまうと、もうチャンスはありません。

特に出会い系等で知り合った場合、こちらに思い当たる原因がないのにメールのペースが落ちた時にはもっと他に魅力的な相手が現れたと考えていいと思います。
その女性を諦めきれず何としても落としたい場合には、そこから自分の魅力を猛烈にアピールしましょう。そのまま行くともうメールは来なくなってしまうので、魅力の出し惜しみをする必要はありません。切り札も全部見せてしまいます。

諦めきれないほどではない場合には、自分も次の相手を探しましょう。
ワクワクメールミントCJメールハッピーメールなどの大手の出会い系サイトでは男性女性ともにたくさんの利用者がいます。今までメールしていたよりももっと素敵な女性もすぐに見つかります。
実際、他の相手に気持ちが移った時に気持ちをまたこちらに戻すのは難しいです。
それよりも新しい相手を探す方がよっぽど簡単です。出会い系サイトならすぐに新しい出会いは見つかりますからね。

メールのペースが落ちたまま続く

ある日からメールのペースが落ちたけど、落ちたペースでずっとメールが続く場合もあります。
そういうときには、メールの内容に注目です。
以前は結構気持ちが入ったメールが来ていたけど、頻度が落ちてからのメールはこちらの質問に簡単に回答するだけで相手からはあまり話題を振ってこない、おざなりな内容のメールになっているはずです。

その場合、相手の女性が他にもっといい男性を見つけたけど、そちらがうまくいかなかったときのためにこちらをキープしている、という可能性が高いです。
キープですから、生かさず殺さずで、とりあえずメールを続けて、離れないようにしてあるんです。

その相手の女性のことが本気で好きなら、キープされてもチャンスを待つ、という人もいらっしゃるかも知れません。
ですが、多くの場合、キープではうまくいかないことが多いです。
また、うまく付き合ったりできたとしても、他に気持ちが移ってしまうような人は、そのうち浮気してしまう可能性が高いです。
セフレとか体の関係だけならそれでもいいかも知れませんが、恋人となった場合、それでは幸せになれません。

ですから、自分がキープされていると分かったら、その人はキッパリ諦めて、こちらも別の人を探すことをおすすめします。
きっともっと素敵な相手が見つかるはずです。

メールが来なくなった時の催促メール

メール交換は通常は相手のメールに対してこちらが返信する、1通来たら1通返すというラリー形式でやり取りします。

ですが、メールの間隔が空くと不安になって、相手からの返信がないのに続けてメールしてしまいたくなります。
しかし、それはお勧めしません。
こちらが焦っていることが相手に伝わってしまいますし、相手にメールを催促してしまうことにもなります。
必ず返事が来ると信じて、メールを待ちましょう。

もうメールが来ないのではないか、というくらい空いたけどどうしても諦めきれない、というときには1回だけメールしてみましょう。
それで返信がなければ、もう諦めて次の相手を探してください。
何回も催促のようなおくると、未練がましい男だと思われることになりますし、自分の気持ちも切り替えられません。

それよりも、次のもっと素敵な相手を探すことに力を使ってください。
そしたら幸せがやってきます。

-出会いの基礎知識, 出会いの技術
-,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.