出会いの技術 出会いメール書き方

出会い系のメールの頻度

更新日:

返信メールの頻度

出会い系などネットで知り合った異性とメールする際にどれくらいの頻度でメールしたらいいかよく分からない方もいらっしゃると思います。
また、出会い系は関係なく、職場や合コンで知り合った相手、気になる異性などとメールする場合にもどのくらいのメールの頻度が適切かも気になると思います。
出会い系でもリアルの知り合い方でも、男女間のメールの頻度は同じです。

今回は、ネットやリアルでの男女間のメールのやり取りの頻度についてお話ししたいと思います。
男性と女性では少し違うところもあるので、そこは分けて説明します。

なお、相手からのメールの頻度で相手が本気かどうかを知る方法については出会い系のメールの頻度で紹介しています。

ネットでの男性のメールの頻度

メールの返信の頻度は相手に合わせるというのが基本です。
自分がメールしてしてすぐに相手が返信してくれる場合には、こちらもできるだけ早くメールを返信します。
相手が1日に1通くらいのペースをキープしてメールしてくる場合には、その頻度に合わせてメールを返信するようにします。

出会い系などで知り合った女性と仲良くなって、実際に会って、その後恋愛等に発展させたりするためにはまずはメールでお互いのことをよく知りあうことが必要です。
メールのやり取りを長く続けるためにはお互いに無理をしないということが大事です。
ですから、メールの頻度に関しても相手に負担をかけないように相手に合わせるのが無難です。

 具体的には、自分がメールしてから30分から1時間以内にだいたい返信してくれる女の子に対しては、自分もできれば1時間以内に返信をするようにします。
このタイプの女の子はメールの返信が来ないと不安を感じてしまうので、できるだけ早めに返信してあげた方がいいです。あまりに遅いと出会い系等で他の男性を探されてしまったりもします。

もっと頻度が高くて、メールすると数分後にすぐ返信をくれる女性に対しては、自分も同じように相手からのメールを読み次第すぐに返信をするようにしましょう。
こういう短い間隔でのメールのやり取りの場合、メールの文章も短くなるので返信するのも簡単です。
相手からひと言メールが届くこともあるので、こちらも1文や2文の短いメールをできるだけ早く返します。ただ、メールにはできるだけ質問を入れて、相手が返信しやすくしておきましょう。

なお、このように短い間隔でメールのやり取りをすると、自分の時間が無くなるのではないかと心配する方もいらっしゃるかも知れません。
ですが、このような高い頻度でのメールのやり取りが1日中続くわけではありません。相手の女性が暇な時間帯に、2時間ぐらい集中してメールのやり取りが続くだけです。
相手が眠くなったり、お風呂に入ったり、他の用事があるときにはメールの返信は来なくなります。
何か用事をこなしながら、相手が寂しくてメールしたい時間帯にメールに付き合ってあげましょう。これで好感度はかなり上がります。

長い間隔でのメール交換

10代や20代前半の若い女の子はこのようにかなり高い頻度でメールしますが、多少落ち着いてきた女の子や忙しい女性は、もっとメールの間隔が空く場合が多いです。
短いメールをたくさん書くのではなく、内容のあるある程度の長文メールを1日1回や2回程度送ってくる女性も多いです。

メールの間隔が長くて数が少ないのは、こちらに興味がないとか、脈がないということではありません。
のんびりメールをしたり、じっくり考えて文章を書いてメールするのが好きという女子もいるんです。
ワクワクメールミントCJメールPCMAX(R18)などのポイントの制出会い系サイトで出会う場合には、そういう長文メールでじっくりやり取りする女性の方が出会いやすいです。

そういうメール頻度の低い女性に対しては、こちらもある程度間隔をあけて、長文のメールを送ります。
相手のメールが待ち遠しくて、やっとメールが来たからすぐに返信したいという気持ちもあるかも知れませんが、そこをグッと我慢して少し余裕をもって返信しましょう。
あまりにすぐに返信してしまうと、焦っているように思われてしまいますから。
できれば相手のメールが届いてから1時間程度経ってから返信するのが良いと思います。相手への好意はメールの頻度ではなく、メールの内容で表現しましょう。
ゆっくり返信する場合、その分ゆっくりメールの内容も考えられますので、1回自分が書いたメールを読み直して、言葉遣いはおかしくないか、失礼な質問をしていないか、誤解されてしまう表現はないか等チェックしましょう。

なお、相手からのメールが1日1回や2回程度の頻度の場合でも、できるだけその日のうちにメールを返信しておく方がいいと思います。
日をまたぐと返信するのを忘れてしまったりしますし、相手が待ち遠しく感じたり返信が遅いと感じたりしますから。

ただし、相手からのメールに「もう寝ます。おやすみなさい」等とあった場合には、返信する時間帯には配慮しましょう。
すぐにおやすみなさいの返信メールをする場合にはいいですが、少し間を空けると相手が寝てしまいます。
寝入った時にメールしてしまって、着信音で起こしてしまうのは避けたいところです。
夜遅くのメールでは、相手が寝ていないかなどに十分注意しましょう。

メールを送る時間帯への配慮

返信の頻度を相手に合わせるのと同時に、メールを送信する時間帯にも配慮するとベストです。
仕事中にメールを送るのはあまりよくありませんし、もし相手が人妻だったりする場合には旦那さんがいる時間帯にはメールしない方がいいこともあります。

特に相手が返信しやすい時間帯にメールすると返信をもらいやすくなります。
人間、後回しにしたことは忘れてしまったりするものです。メールも後で返信しようと思っていると忘れてしまったり億劫になったりして返信するのが遅くなってしまいます。
暇な時間帯などであればすぐに返信できるので、通常よりも早く返信がもらえたりします。

ですから、相手の職業などから相手の都合がいい時間帯を推測して、その相手が都合がいい時間帯にメールをするようにするとメール交換が長続きします。
また、配慮のある人、思いやりのある男性、という印象を与えることもできます。
ある程度メールのやり取りが進んできたら、相手がメールするのに都合がいい時間帯を聞いたりしてもいいと思います。

それと、上で書いた寝ている時間にメールしないというのも時間帯への配慮の一つです。

出会い系でメールの返信の催促はNG

ここで気を付けないといけないのは、相手を急かさないようにすることです。

相手が1日1通のペースで返信してきているのに30分も間隔を空けずにすぐにメールしてしまうと、相手は少し焦ってしまいます。
それがたまにならいいですが、毎回すぐに返信されると、自分もすぐに返信しないといけないのかと催促されているような気持になって、プレッシャーを感じてしまいます。
それが続くとストレスになって、ついにはメールするのも嫌になり、返信しなくなります。

仲良くなりたいばかりに早く返信したのに嫌われてしまって、メールが来なくなっては逆効果、本末転倒です。
メールの頻度を相手に合わせた方がいいというのは、このように相手にストレスを与えてしまうのを避けるためでもあります。

また、メールの最後に毎回「お返事待ってますね」と書いたり、「メール遅かったね」と入れたりするのも、ストレスをかけてしまうのでNGです。
付き合ってもいないのに、「もっと早くメール欲しいな」なんて強制するのはもっての外です。
特に出会い系サイトなどのネットでの出会いで知り合った場合、こういうことをするとかなり高い確率でもうメールが来なくなります。

相手の好きなペースでメールできるように配慮するのも優しさです。

女性のメールの頻度

女性が男性とメールする場合にも、気を付けることは男性が女性とメールする場合とだいたい同じです。
ただ、一般的に恋愛など男女間の関係では男性が主体的に進めることが多く、メールのやり取りでも女性は少し受け身でも許されます。
出会い系では女性はモテモテなので、特に女性優位が顕著です。

ですから、そこまで厳密に相手のペースに合わせなくてもメールは長続きします。
また、メールに質問を入れなくても、相手がうまく話題を拾って返信してきてくれます。
逆に、相手の男性の方がこちらのメール頻度に合わせてくれるので、自分のペースでメールすればいい場合もあります。出会い系のちょっと困った女性たちに出てくる女性のような変な行動を取らなければ、十分出会うことができます。

ただ、自分が追いかける側の場合は別です。
例えば、相手には好きな人がいるけど振り向かせたい場合や、出会い系などでイケメンや条件のいい男性、人気がある男性を落としたい場合には、男性が女性とメールする時と同じような配慮が必要です。
まだこちらにあまり興味を持っていない場合には、答えやすい質問を入れるなどして、メールが長続きするように頑張りましょう。

特に、男性は忙しい人が多いのでメールする時間帯への配慮は大事です。
相手の仕事中に長々と書いたメールを送ると迷惑になる場合もありますし、返信も逆に遅くなってしまうことが多いです。
逆に、相手の男性が仕事が終わった時間などにお疲れ様メールを送ったりするとポイントが高いです。

とにかく、メールの頻度は相手に合わせるのが一番簡単です。
それだけで相手に配慮したペースでメールできるので、メールの間隔で迷っている方はまずは相手のペースに合わせること考えてメールを返信してみてください。

-出会いの技術, 出会いメール書き方
-,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.