出会いと法律 出会いの基礎知識

援交やり逃げは犯罪か?

更新日:

援交やり逃げとは?

出会い関係のサイトや掲示板等を見ていると、援助交際に関する事も書いてあることがありますが、その中で、援交ヤリ逃げをした男性の話、等も見ることがあります。

援交やり逃げとは、援助交際=売春するという話で女性と会い、ホテル等でエッチをした後、約束のお金を払わずに逃げてしまう事です。

男性に比べて女性は体力的に劣る場合が多いため、逃げ足では敵いませんし、何より男性の暴力が怖くて強く出られない場合が多いと思います。そのため、この援交やり逃げをする男性の話は後を絶ちません。数はそれ程多くはないようですが。

援交やり逃げは犯罪か?

昨日の記事援交は犯罪か?で援交=売春は犯罪だと書きましたが、援交やり逃げは犯罪なのでしょうか?

やり逃げをする男性は、援交が犯罪なのだから、その援交をする女性を懲らしめる行為でもある援交やり逃げは犯罪ではない、と主張します。
また、現実としてお金を払っていないんだから、買春にならず、犯罪ではない、むしろいいことだとも言います。

しかし、援交でお金を払うと言ってエッチしておいて、お金を払わずに逃げる、というのは騙してエッチの対価を免れる、ということで詐欺罪(刑法246条)に該当して犯罪だと考えられます。

これに関して、やり逃げをする男性は、相手の女性は援交を持ちかけてきたけど、自分は「お金を払う」 なんて一言も言っていない。うまく誤魔化して会ったけど、約束はしていないから騙していない、というかも知れません。
しかし、「お金を払う」と言ったりメールに書いたりしなくても、相手が援交を持ちかけてきているのに対して積極的に「お金を払わない」と言って拒否していないため、援交に了解していると考えられ、不作為で騙している事になります。ですから、女性が援交のつもりである以上、売春の約束が成立したとして、「欺いて」にあたると考えます。

他にも、売春は不法行為だから、援助交際の対価として受け取るお金は法律で守られるべき「利益」とは言えず、詐欺は成立しないという反論もあります。民法でいうところの不法原因給付ですね。
しかし、刑法と民法の保護法益は違うため、不法原因給付の考え方をそのまま刑法に当てはめる事はできません。

また、ここで売春の対価を詐欺罪で保護してしまうと、売春という違法行為を法律で保護してしまう事になってしまい刑事政策上妥当ではない。だから、売春のやり逃げには詐欺罪は成立しない、という考え方もあります。

この問題は学説上も意見が分かれているようで、裁判例でも、高裁ですが名古屋高判昭30年12月13日判決では詐欺罪が成立すると判断しているようです。(自分の目では確認できてないのですが・・・)
現時点では最高裁の判断が出ていないのですが、意見が割れている以上、詐欺罪になる可能性もないとはいえません。

結論

いろいろ調べながら自分でもよく分からなくなりましたが、結論としては援交やり逃げは詐欺罪になる可能性がないとはいえない危険な行為、ということになります。
もし詐欺罪になったばあい、10年以下の懲役です。怖いですよね。

それにそもそも援交自体が犯罪です。
犯罪行為はやってはいけません!

出会い系は正しく利用しましょう。

-出会いと法律, 出会いの基礎知識
-, , , ,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.