出会いと法律 出会いの技術

春は学生が狙い目

更新日:

春は卒業生、新入生、新社会人を狙おう

もう3月も残り少なくなりました。サクラの花も開いてきて、春って感じがしてきました。
春は出会いと別れのシーズンです。3月は学校の卒業式があり、4月には入学式や入社式があり、それに伴って引越しなどする人も多い季節です。

出会い系では季節によって攻め方を変えるとうまくいく場合が多いです。
例えばクリスマス前の時期であれば、クリスマスを一緒に過ごす恋人を見つける、という形で募集すると出会える確率が高まったりしますし、夏は海や花火等のイベントに一緒に行く相手を探すような軽い感じの出会いが多くなる気がします。
また、その季節ごとにターゲットとする年齢層や職業を変えるのも有効です。

この春という時期は、学生や新社会人、特に高校を卒業したばかりの女の子を狙うといいと思います。
というのも、これまで出会い系をすることができなかった高校生が卒業して晴れて出会い系に登録することができるようになり、好奇心もあってかなりの数が流入してくることが考えられるためです。
また、高校の卒業式は3月の比較的早い時期にあるので、1ヶ月近く暇な期間ができます。そのため手持ち無沙汰で携帯を弄っていて、出会い系に登録・・・、ということが予想もされますよね。
何より春は気分が浮かれ気味になって普段よりガードが緩くなるので、出会える可能性が格段に上がります。

ですから、なかなか女の子と出会えないという方はこの時期は18歳や19歳の女の子を狙ってみるといいかもしれません。

寂しさを癒してあげよう

卒業・進学シーズンは、環境が変わり、それまでの友達と離れて寂しくなる時期でもあります。新しい友達がすぐに出来ればいいのですが、うまくいかない女の子も少なくないと思います。
また、親元を離れたり、慣れない土地や学校・職場で精神的に不安定になることも多いようです。

そういう女の子とメールする場合は、癒してあげたり、地元の情報を教えてあげる等すると仲良くなりやすいと思います。
どこかのお店に案内する、というような形だとデートにも比較的誘いやすいです。

更に、高校時代は学校やバイト等同年代の中だけで過ごす場合が多いです。
ですから、高校卒業したての女の子には大人の魅力を見せるのも効果的だと思いますよ。

淫行条例と出会い系

各都道府県の青少年保護育成条例中の淫行に関する規定(いわゆる淫行条例)によって、18歳未満の児童との淫らな行為は禁止されています。罰則規定もあり、時折18歳未満と淫らな行為をしたとして逮捕されたというニュースも耳にしますよね。

しかし、高校を卒業して、大学生や社会人になってしまえば、その女の子と淫らな行為をしても罰せられることはありません。つまり、高校卒業したての今の時期が一番若い女の子に合法的に出会える唯一のシーズンと言えるのです。

なお、いつの時点から淫行条例が適用されなくなるか気になりますよね。18歳の誕生日からいいのか、それとも卒業式か、あるいは年度が終わるまでダメなのか。
都道府県によって条例が違うのでいつの時点から淫行条例が適用されなくなるかははっきりとはいえませんが、遅くとも年度が変わった4月1日からは問題ないと思います。
それまでの期間にメールして仲良くなって、4月1日になったらデートする、という形にすれば警察のお世話になることはないと思います。 
できるだけ早くデートしたいという方は自分の住んでいる都道府県の条例を調べてみてください。「○○県 青少年保護育成条例」とかで検索すると条例がすぐ見つかると思います。

新年度が始まって2~3ヶ月もすると、新しい環境にも慣れ、大学のサークルや職場の同僚との恋愛が始まったりするので、今のこの時期を逃さないようにしましょう。

-出会いと法律, 出会いの技術
-, ,

Copyright© 出会い系情報Explorer , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.