写メの撮り方に注意

写メ撮り方は結構重要です。 出会い系の場合、メールの内容と同じように写メが重要な判断基準になります。
人間見た目だけではありませんが、見た目で判断する人もたくさんいます。

もちろん、出会い系では特に写メ交換は必須というわけではありません。
見た目に自信がなければ、写メ交換せずにデートまでいってしまうのも一つの方法です。
ですが、相手から写メ交換を持ちかけられた場合、それを拒否するのも感じが良くありません。

そこで、うまく撮れた写メ、「奇跡の1枚」を撮るための方法をいくつかご紹介します。



基本的な写メの撮り方

まず、基本的な写メの撮り方をご紹介します。

きれいな写メを撮るためには光の量が重要です。
そのため、晴れた日に屋外で撮るときれいな写メを撮ることができます。
もっと追求するなら、レフ板代わりにアルミホイルを平らに伸ばしたものや真っ白い紙で光を反射させて、顔の下から照射すると、影の少ない写真を撮る事ができます。
屋外で撮った写メは健康的な印象を与えられるので、好印象です。

この場合、顔のアップは避けて、胸から上を画面に入れるように撮るとバランスが良くなります。
そのため、服にも多少気をつけましょう。
あまり派手なものだと顔の印象が薄れたり、好みが分かれるので、あまり派手でない無難な服装にしておきましょう。

いろんな角度から10枚程度撮影してみて、それをチェック、気に入るのがなければまた10枚、という感じで何枚も撮影して、最高の1枚ができるまでがんばりましょう。
何枚も撮るうちに、きっといいのが撮れますよ。



画像編集をする

最近の携帯には画像編集機能が付いているのでそれを利用して画像を加工するのもいいと思います。

例えば、露出を強くして白く飛ばすと濃い顔が若干薄くなったりします。
また、余計なものが写りこんでいる場合はトリミングを使って、必要な部分だけ残します。

ただ、やりすぎには注意しましょう。



室内での写メの撮り方

屋外に撮影に行く余裕がない場合、室内で撮ることもあると思います。

その場合、光が足りないので、とりあえずある限りの照明を点けてください。
そして、アルミホイルを使って下から光を反射させると、影が薄くなって写真の印象が少し明るくなります。
この際、PCのモニターの光で下から顔を照らすのもお手軽でいいと思います。



顔のラインをシャープに

デートで実際に会った時のために、写メはありのままの姿を撮影するのがベストなのですが、なかなかいい1枚が取れない場合、顔のラインをちょっと変えてみるのもいいと思います。

例えば、顔をシャープに見せたい場合、あごを引いて、顔の上の方から撮ると、あごのラインが細くなって顔がシャープに見えます。
この時、カメラ目線になるとおでこに皺がよったりするので気をつけましょう。

また、斜め横から撮影しても顔がシャープに見えます。
この時、横から照明を当てると顔の凹凸が強調されてハッキリした顔立ちになるので、それを併用してもいいでしょう。



ワイルドな感じに撮る

若干顔を上に向けて、下から撮るとちょっとワイルドな感じに撮れます。
この時、目線はカメラに向けて、見下ろすような感じにすると更にワイルドさが増します。

但し、下から撮ると鼻の穴が見えてしまうので、その辺りはうまく調節して下さい。
やや遠くから撮るといいかもしれません。



笑顔で撮影

真面目な顔でいい写メが撮れない場合、逆に少し崩すといい写真が撮れたりします。

その代表が笑顔の写メです。
笑顔は相手に優しそうな印象を与えますし、顔の動きが出るので無難な写メになります。

撮影の際に気をつけるのは、あまりに笑いすぎない事。
笑顔過ぎると、ちょっといやらしい印象を与える場合があります。
また、薄目になっていてもいやらしい感じがするので、そこも気をつけてください。



誤魔化すテクニック

なかなかいい写メが撮れない場合やよっぽど見た目に自信がない方のために、変則的な写メ撮影の方法を書いておきます。


逆光で撮る

一般的に写真撮影のときは逆光は避けるべきです。
しかし、逆に逆光で撮る事によって、顔の細かい部分を見えにくくして粗を隠します。
ヒゲがやたらと濃い方や肌の荒さが気になる方は試してみてください。

その際、顔が真っ黒にはならないように光との角度を上手く調節して撮影してください。


全身を入れる

写メは顔が分かるように撮るのが基本ですが、顔を小さくして誤魔化すために全身を入れるように撮ります。
セルフタイマーで撮ってもいいですし、鏡を使ってもいいと思います。


全身入れる場合は服には気を遣ってください。 あまり個性の強いものではなく、爽やかな印象の服がいいでしょう。


フードを被る

パーカーやコート等のフードを目深に被って、目の辺りまで隠して写メを撮ると意外にいい画像が撮れることがあります。
これはあごのラインがシャープな人に顕著です。
スターウォーズのアナキンや市橋容疑者のイメージですね。

この際、フード選びには十分注意してください。
フードが小さ過ぎると、全身タイツみたいになってしまって、逆にかっこ悪くなります。


変顔で撮る

これは最後の手段です。
変顔はみんな変なので、よっぽど顔に自信がなくても誤魔化す事ができます。
手などを使って本格的な変顔にしなくても、口を尖らせたり眉間に皺を寄せたりなどでも十分です。

変顔を自然に見せるためには、友人と一緒に写るという方法があります。
友達と遊んでいる時等に変顔写メを撮っておきましょう。
飲み会の時等、照明もそれ程明るくないので誤魔化し写メを撮るにはなかなかいいシチュエーションだと思います。

但し、変顔写メを送った場合、もう一枚欲しいと言われることもあるので、まともなのも別に準備しておく事をオススメします。