直アドと写メの順番

直アドと写メのうちどちらを先に聞くかですが、原則としてアドレスを先に聞いた方がいいです。

というのも、大事な個人情報であるほど教える事への抵抗が大きくなります。
携帯のアドレスは変えてしまえば多少面倒だけどどうにでもなります。
しかし、顔写真が漏れてしまうと悪用された場合大変な事になり、リカバリーも困難です。

ですから、写メより直アドを先に聞いた方がいい、ということになります。


直アド交換のタイミング

直アドを聞くタイミングは、出会い系サイトのタイプによって違います。

ポイント制サイトの場合

ポイント制サイトを利用している場合には、ポイント消費を避け、効率よく女の子と知り合うため、メール4〜10往復の間には聞くようにしましょう。
そうしないとサクラに騙されたり、結局直アドを聞けないままポイントがなくなってしまいます。

早めに聞く場合はある程度話が盛り上がって、話のキリがいいところで聞きます。
なかなかその話題が終わらない場合には、「ところで・・・」みたいに切り出してもいいと思います。

なお、ポイント制サイトではアドレス交換を拒否された場合、その女の子はスッパリ諦めて次に行きましょう。


定額サイト・無料サイト

メール数に制限がない定額制サイトや無料サイト、その他mixi等のSNSの場合には特に直メに移行するのを焦る必要はありません。
直アドを聞かないままデートすることもありますし。

これらのサイトの場合にアドレスを聞くタイミングは、女の子が使う絵文字の数が増えたり、コチラの質問への食い付きがよくなったりして、ある程度興味を持たれていると感じた時が一番いいと思います。
この場合は直メできなくても特に影響はないので、教えてくれない時は無理強いせずにそのままサイトでメールを続けて機会を待ちましょう。

写メ交換のタイミング

写メ交換もしないままデートすることもできます。
女の子の容姿に拘らない場合や見た目に自信がない場合にはその方がいいと思います。

写メ交換をしたい場合、そのタイミングは前に書いたように、とりあえず直アド交換をした後にしましょう。
いくらでもメールできるサイトの場合もそうした方がいいと思います。

実際、直アドを聞けないレベルなのに写メ交換をするとかなり高い確率で失敗します。
また、もし交換できたとしてもあまり仲良くなっていない段階なので、好みの顔でなかった場合に簡単にメールが来なくなります。
逆に、ある程度仲良くなっていると、少々写メがまずくても中身でカバーしてデートまでいけることもあります。

次にいつ写メ交換の話を持ち出すかですが、私は会う話が出てきたくらいに聞くようにしています。
そのくらいになれば仲良くなっていて容姿もカバーできるし、また実際に会えないのであれば写メは必要ありません。
顔写真は重要な個人情報なので、信用できる人でないと見せるのは危険ですし。

ということで、写メ交換は会う話を持ち出そうと思った頃に聞くのがいいと思います。